甘い香りが漂う‘‘Sugarkei‘‘で、とろけるような幻の世界へ。